アサヒのアプリ ディアナチュラ Dear-Natura

これからママになる方へファースト葉酸

あなたのはじめてに。いちばんに。アサヒの安心品質 ディアナチュラ葉酸

プレママ&ママにおすすめディアナチュラの葉酸シリーズ

Dear-Natura style 葉酸×鉄・カルシウムについて

国内自社工場での一貫管理体制 無香料・無着色・保存料無添加、安心のアサヒ品質です。 国内自社工場での一貫管理体制 無香料・無着色・保存料無添加、安心のアサヒ品質です。

健康のための安心品質 (公財)日本健康・栄養食品協会の 認定「健康補助食品GMP」※1を取得。原材料の受入から製品出荷まで、国内工場での一貫管理体制のもと、安全性を厳しく追求しています。 原材料を厳選 自社およびグループ研究所による開発と国内工場での一貫管理体制のもと、選び抜いた原材料を、無香料・無着色・保存料無添加にこだわって製造しています。 必要な栄養素がまとめて摂れる 妊婦の葉酸推奨量480㎍※2に加え、妊娠・授乳期に必要な鉄・カルシウムもまとめて摂取することができます。小粒で飲みやすい錠剤に、機能成分を凝縮しています。 買いやすく、続けやすい価格 品質にこだわり、またお求めやすい価格を実現。妊娠計画時期から授乳期まで、継続してご利用いただける商品です。お近くのドラッグストアでお買い求めいただけます。

健康のための安心品質

(公財)日本健康・栄養食品協会の 認定「健康補助食品GMP」※1を取得。原材料の受入から製品出荷まで、国内工場での一貫管理体制のもと、安全性を厳しく追求しています。

原材料を厳選

自社およびグループ研究所による開発と国内工場での一貫管理体制のもと、選び抜いた原材料を、無香料・無着色・保存料無添加にこだわって製造しています。

必要な栄養素がまとめて摂れる

妊婦の葉酸推奨量480㎍※2に加え、妊娠・授乳期に必要な鉄・カルシウムもまとめて摂取することができます。小粒で飲みやすい錠剤に、機能成分を凝縮しています。

買いやすく続けやすい価格

品質にこだわり、またお求めやすい価格を実現。妊娠計画時期から授乳期まで、継続してご利用いただける商品です。お近くのドラッグストアでお買い求めいただけます。

※1 公益財団法人日本健康・栄養食品協会の定める適正製造規範(Good Manufacturing Practiceの略)。
原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準。
※2 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

葉酸×鉄・カルシウム
Dear-Natura Style 葉酸×鉄・カルシウム 葉酸480㎍に加え、妊娠・授乳期の女性に嬉しい鉄、カルシウムも一緒に摂れる Dear-Natura Style 葉酸×鉄・カルシウム 葉酸480㎍に加え、妊娠・授乳期の女性に嬉しい鉄、カルシウムも一緒に摂れる

こんな人におすすめ

Dear-Natura Style 葉酸×鉄・カルシウムなら妊娠計画期から授乳期まで、時期を選ばず継続してお使いいただけます。 Dear-Natura Style 葉酸×鉄・カルシウムなら妊娠計画期から授乳期まで、時期を選ばず継続してお使いいただけます。

妊娠を計画している方
妊娠を計画している方 通常、成人女性の必要量は240㎍/日ですが、400㎍/日の摂取が望まれるとされています 妊娠を計画している方
通常、成人女性の必要量は240㎍/日ですが、400㎍/日の摂取が望まれるとされています。

厚生労働省は「妊娠する1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月まではしっかり摂取するのが望ましい」としています。将来妊娠を希望する方や妊娠の可能性のある方は、生まれてくる赤ちゃんのために、思い立ったその日から葉酸サプリを飲み始めましょう。

妊娠中の方 妊娠すると通常の2倍「480㎍」もの葉酸を摂取する必要があります。
妊娠中の方 妊娠中の方
妊娠すると通常の2倍「480㎍」もの葉酸を摂取する必要があります。

胎児は受胎直後から活発に細胞分裂を進め、妊娠2ヶ月目で脳や脊髄の神経細胞の約8割が作られます。先天性障害のひとつ神経管閉鎖障害のリスクを低減させるために、とくに妊娠初期は葉酸をはじめ、その他ビタミンなどの栄養を多く含む食事を心がけましょう。※1

授乳中の方
授乳中の方 母乳をつくるために100㎍を付加的に摂取する必要があります。 授乳中の方
母乳をつくるために100㎍を付加的に摂取する必要があります。

胎児は受胎直後から活発に細胞分裂を進め、妊娠2ヶ月目で脳や脊髄の神経細胞の約8割が作られます。先天性障害のひとつ神経管閉鎖障害のリスクを低減させるために、とくに妊娠初期は葉酸をはじめ、その他ビタミンなどの栄養を多く含む食事を心がけましょう。

妊娠計画期から授乳期まで継続して使える!

※1 厚生省 児母代72号 健医地生発第78号通知(平成12年12月28日付)
※2 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」
* 葉酸摂取量は1日当たり1,000㎍を超えないようご注意ください。

専門家インタビュー「女性にとって必要不可欠な葉酸」

なぜ葉酸が必要なの?サプリで摂って大丈夫?専門家に聞きました。

妊活中も産後も積極的に葉酸摂取を心がけて
福山千代子

福山千代子

日本産科婦人科学会専門医

アヴェニューウィメンズクリニック院長

女性特有のさまざまな悩みをサポート

産まれてくる赤ちゃんのために少しでも良いことをしたいというのがお母さんの心情だと思います。そのために私たち医師は、葉酸の摂取をおすすめしています。

葉酸は、「神経管閉鎖障害」のリスクを減らすのに効果的といわれています。神経管閉鎖障害は、脳や脊椎をつくる神経管がふさがれることで受精卵の細胞分裂がうまくできなくなる疾患です。「無脳症」や「二分脊椎」など、赤ちゃんが重度な障害が残ることや、亡くなってしまう場合もあります。神経管閉鎖障害は妊娠4〜6週に起こるといわれます。妊娠に気づかない方も多い時期ですので、妊娠計画中の方は、妊娠前から積極的に摂るようにしてください。

また、葉酸は貧血の予防も期待できます。妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を運ぶため、産後は授乳のために貧血になる方も多いので、継続して摂取することをおすすめします。鉄分と葉酸は一緒に摂取すると吸収がよりよくなりますね。

出産は、女性にとって体や生活環境が変わる大きなイベントです。つわりなどの不調や、育児に追われる忙しさで十分な食事が摂れないこともあります。その点でも、必要な栄養を手軽に摂取できるサプリは有効でしょう。妊活中から産後までの大事な時期をサポートしてくれると思います。

プレママ&ママの声

Dear-Natura Style葉酸×鉄・カルシウムを体験したプレママ&ママの声が届きました。購入を検討いただく際の参考にご活用ください。 Dear-Natura Style葉酸×鉄・カルシウムを体験したプレママ&ママの声が届きました。購入を検討いただく際の参考にご活用ください。

  • 30代妊活中の女性 飲みやすい粒で女性想い 30代妊活中の女性 飲みやすい粒で女性想い

    仕事で忙しいなか、たくさんの種類の栄養を摂るのは結構大変ですよね。一度に葉酸も鉄もカルシウムも摂れる「ディアナチュラスタイル葉酸×鉄・カルシウム」は、女性想いの商品だと思います。
    粒も小さくて飲みやすいですし、国内でつくられているのも、たくさんある葉酸サプリメントを選ぶ際のポイントになります。葉酸はきちんと摂ったことがなかったのですが、今回試してみてぜひ今後購入したいです。

  • 20代妊娠後期の女性 国内生産だから安心できました 20代妊娠後期の女性 国内生産だから安心できました

    お腹の赤ちゃんのために、妊娠中は今まで以上に食の安全に気をつけています。「ディアナチュラ」は日本のメーカーで、国内生産しているので安心感がありますね。また、錠剤が得意ではないのですが、粒が大きすぎず、においもあまりないので、飲みやすかったです。葉酸のサプリは高額な商品も多い中で、価格が手頃なのも魅力的です。「ディアナチュラスタイル葉酸×鉄・カルシウム」なら、葉酸以外の栄養素も摂取できるので、さらにお得に感じます。授乳期にも良さそうなので、引き続き使っていきたいです。

  • 20代妊娠後期の女性 必要な栄養素をまとめて摂れるのが魅力 20代妊娠後期の女性 必要な栄養素をまとめて摂れるのが魅力

    妊娠初期から葉酸を摂取しています。妊娠中は、葉酸だけでなくさまざまな栄養を偏らずに摂ることが大事だといわれていますが、働いている私にとって、仕事をしながら栄養バランスのとれた食事をとるのが難しい日も多々あります。「ディアナチュラスタイル葉酸×鉄・カルシウム」は、葉酸だけでなく、鉄やカルシウムなど妊娠中に不足しがちといわれる栄養をまとめて摂ることができるのがとても魅力的だと思います。

葉酸Q&A

葉酸はいつまで飲む?食事だけで摂れる?など葉酸や葉酸サプリに関する、よくある質問にお答えします。 葉酸はいつまで飲む?食事だけで摂れる?など葉酸や葉酸サプリに関する、よくある質問にお答えします。

出産後も続けて葉酸を飲んだ方がよいでしょうか?

葉酸は貧血の予防にも効果的です。母乳は血液をもとにつくられるため、授乳中の方は継続して摂ることをおすすめします。厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、授乳婦に1日あたり340㎍の摂取を推奨しています。

葉酸の過剰摂取が心配なのです。摂りすぎると、体にどんな影響がありますか?

葉酸は水溶性ビタミンのため尿として排出されます。しかし、妊娠計画中・妊娠中・授乳中と状況に合わせて定められている推奨量をお守りいただくのをおすすめします。過剰摂取により、ビタミンB12欠乏の診断がしづらくなったり、3歳児のぜんそくや自閉症が増えるという報告もでています。厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日当たりの摂取上限量を10~20代女性は900㎍、30〜60代女性は1000㎍(1㎎)と定めていますので、それを超えないように注意してください。
また、第1子が神経管閉鎖障害であった場合、第2子の発症リスクは通常の10倍高いと言われており、通常量よりも多い葉酸の摂取が必要になります。その場合は医師の管理のもと、処方された薬を服用するようにしてください。

食事からの葉酸摂取では足りないのでしょうか?

食事で摂取量を補えるのであれば問題ありませんが、「日本食品標準成分表(2015年版)」によると、食品から葉酸480㎍を摂取する場合、ほうれん草では約430g(約6株分)、ブロッコリーでは約400g(約2房分)に相当します。つわりなどの体調が優れないときや忙しいときなど、食事が十分に摂れない場合には、サプリを上手に活用して必要量を補うようにしてください。

食前、食後、寝る前など、1日のうちいつ摂取するのが効果的ですか?

体内での吸収を良くするのであれば、食事から2時間後が理想的ですが、体調に合わせて飲みやすい時間を選んでいただいて問題ありません。1日のうち同じ時間に摂るのが良いでしょう。また、緑茶などに含まれるタンニンは葉酸の吸収を阻害するため、服用の際は避けるようにしてください。

妊娠中、葉酸以外にもサプリで摂っておきたい成分はありますか?

貧血予防からおすすめしたいのが「鉄」です。葉酸と同時摂取することで、より吸収しやすくなります。また、出産後の授乳によって「カルシウム」も不足がちになりますので、妊娠中から積極的に摂ることをおすすめします。